注意しておきたい点

視力回復を考えるなら、レーシックの手術を受けるようにするほうが良いのは間違いありません。なぜなら、裸眼状態での視力回復を実現できれば、めがねやコンタクトからの解放が実現できるからです。施術方法としても認可が降りていて十分安全だということははっきりしていることから、術前に不安を感じることもありません。
ただし、レーシックを受けて視力回復を狙っていくにあたって、気をつけておきたいことがいくつかあります。それが、レーシックによる視力回復は外科手術と同じく、施術後の生活を正しく管理する必要がある、という点です。外科手術を行ったあと、患部の予後を快方へと向かわせるためには、守るべき生活習慣を正しく守ることが、とても大切です。

レーシックによる視力回復を実現するために守るべき生活習慣として、メイクに関する部分は指示される範囲の一つです。なぜなら、レーシックを施して視力回復を実現したとしても、それからしばらくは目という器官が弱っていることには変わりないからです。そこで、負担をかける可能性のあるメイクに関する指示がなされます。
メイクと言っても意味が幅広くなるのが特徴ですが、ここで支持されるのは主にアイメイクに関する部分です。通常のフェイスメイクに関しては、目の周りを覗いて施術の翌日から行える反面、アイメイクに関してはしばらく時間をおいてから行う必要があります。
アイメイクを行っても良いと許可が出るのは術後3日目からで、それでも軽いメイクにするという範囲内での許可にとどまります。そのうえで、術後一週間が経過してからは、従前のアイメイクを行っても良いとされます。
視力回復を実現すればファッションはもっと自由に楽しめることを考えると、ここは我慢の時だととらえて、しばらくはメイクを我慢するか、まとまったお休みが取れるタイミングで視力回復の治療を行うのが大切です。